Calendar

2014年11月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

死後の事を考える

みなさんは、ご家族や自分自身の葬儀について考えたことはありますか?
大切な人が亡くなるときの事を考えるのは辛いですし、自分自身の死後のことを考えるのはあまり気持ちがいいものではありません。
多くの人は、死についてや、それにまつわる事(例えばお葬式など)についてはできるだけ考えたくないと思っているかもしれませんね。
悲しいことではありますが、誰にでも必ず死は訪れるものです。
残された人のためにも、死者を安らかな気持ちで見送るためにも、一度、死や葬儀のことを検討してみることが望ましいのではないでしょうか。

葬儀にはいろいろな形がありますが、日本ではお通夜やお葬式、告別式を行って故人を見送るという形式が一般的でした。
しかし近年、葬儀のやり方は少しずつ変わってきています。
その結果、日本で浸透してきているのが家族葬というものです。

家族葬は、家族や親戚などの近親者のみが参列して行なうものです。
従来のお葬式や告別式のように多くの参列者を集めて行なうものとは異なり、親しい人たちだけでゆったりと故人との別れの時間を確保することができるものです。
家族葬が選ばれるのにはいくつか理由があるのですが、多くの場合はなるべくしてなったというものです。
社会や家庭、人付き合いなどの事情から考えてみると、今と昔とではずいぶん異なるもので、そういった変化から家族葬は生まれました。
社会事情でいうと、少子高齢化は家族葬の普及に大きな影響を与えています。
ご近所付き合いもずいぶんと希薄になったもので、これに関しても家族葬が増えた原因になっています。
あるいはお葬式の費用と言う問題もあり、こういった様々な要因が家族葬を浸透させていく結果になったわけです。

ここでは、こういった家族葬や新しい葬儀のカタチについてお話したいと思います。

オススメ外部リンク